インフルエンザの症状が出たら早めに病院へ行こう

一度かかれば免疫ができる

ウィルス

季節による違いは殆どなし

季節によって爆発的に流行するA型、B型とは違い、インフルエンザC型の感染力はそう強くありません。その性質上、感染するのは5歳未満の小児が主となっています。感染力の弱さに比例するかのように症状も通常の風邪と然程変わらない程度に抑えられる傾向があるため、感染自体に気付かないこともあります。最も見られるのは鼻水が多く出るという症状です。その反面、インフルエンザ特有の高熱等の症状はほぼ見られません。潜伏期間は1日〜3日以内です。特効薬のようなものはないので、抗生物質や症状に応じた薬を処方して貰う形となります。稀に若干の流行の兆しが見られることもありますがこの場合でも感染者の殆どを小児が占めており、大人がインフルエンザC型にかかることは滅多にありません。その理由は免役にあります。インフルエンザC型は一度体内に免疫が出来ると半永久的に持続するという特性を持っています。そのため子供の頃に罹患していれば、たとえ流行したとしてもそれ以降にインフルエンザC型に感染する可能性は限りなくゼロに近くなります。予防法として有効なのはうがいと手洗い。ウイルスの繁殖を防ぐためには、加湿器やマスクを使用して乾燥しないようにすることも大切です。風邪程度の症状といっても、特に小児にとっては辛いもの。風邪や他の型のインフルエンザと同様の予防法で防ぐことができるのでしっかりと対策を取るようにしましょう。2歳未満の幼児に限っては稀に重症化するケースもあるので、感染した場合には注意深く様子を見守る必要があります。症状の悪化や異変が見られた場合には速やかに医療機関を受診するようにしてください。