インフルエンザの症状が出たら早めに病院へ行こう

違いを見極める

マスク

急な発熱が発生する

毎年多くの人が感染するインフルエンザですが、風邪とこのインフルエンザの違いをしっかり理解している人は少ないでしょう。実際、風邪と同じような症状になってしまうことが多く、実際はインフルエンザに感染していてもその症状から風邪と判断してしまい自分で完治させようと考えてしまう人が多いと言えます。しかし、実際は風邪とインフルエンザの症状とでは大きく異なります。一番の違いとしては、高熱が発生することです。風邪についても同じように高熱が発生することがありますが、インフルエンザの症状の場合は突然の高熱に襲われることがほとんどです。38度以上の急な高熱が出た場合には注意が必要だと言えます。また、関節痛や筋肉痛、そして頭痛などの症状が一度に現れることが多く、全身倦怠感や食欲不振も同時に現れます。こうした症状がとても強く現れることも特徴であり、冷静に判断すれば風邪とは全く違い症状だということが分かるはずです。また、一般的な風邪の場合は1年を通じて発症する可能性がありますが、インフルエンザはほとんどの場合は冬から春先にかけての流行になります。乾燥した状態になってしまうことでウィルスは拡大し、さらに感染しやすい状況になってしまいますので、部屋をしっかり加湿してあげることや自分自身の肌の乾燥などもワセリンなどを利用して予防することが重要です。また、インフルエンザに感染したと感じたときには極力早めに医師に相談をするようにしましょう。